• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 社会基盤 > 交通 > 事業概要・制度概要 > 沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業

ここから本文です。

更新日:2016年6月27日

沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業

事業概要

 沖縄県では、離島住民の割高な船賃及び航空運賃を低減する沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業を実施しております。
 船賃については、JR在来線並み、航空運賃については、新幹線並みの運賃を目指し、船賃では約3割から最大約7割、航空運賃では、約4割の運賃低減が実現しております。
 また、病院や高校がない小規模離島については、観光客等の交流人口の航空運賃を約3割低減しております。
 さらに、那覇-久米島の航空路線につきましては、地域の活性化を図る実証実験として、平成27年5月から、交流人口も新たに対象とし、約1.5割の運賃低減を図っております。

対象航路及び航空路

 対象航空路及び航路は、以下のとおりです。

 ・航空路(11路線)(PDF:25KB)

 ・航路(24路線)(PDF:31KB)

対象者

 <航路>
 ・離島住民、離島出身高校生等

 <航空路>
 ・離島住民、離島出身高校生等 
 ・交流人口(高等学校や中核病院のない小規模離島及び久米島の航空路)
  ※小規模離島は、南大東島、北大東島、粟国島、多良間島、与那国島

利用方法

 離島住民、離島出身高校生等は、市町村が発行する離島住民カードが必要となります。                                  

  ①離島住民カードの取得(市町村役場) 
 ②チケット購入(Web、旅行代理店、航路会社及び航空会社の窓口)(離島住民カードの掲示が必要)
 ③船、飛行機に搭乗(離島住民カードの掲示が必要)

 【離島カード交付対象者】

1.離島住民

当該市町村在住者で、住民登録を行っている者

2.離島出身高校生

島外の高等学校に在学する方で、父母が対象となる市町村に在住し、住民登録を行っている者

3.離島出身高校生等

島外の学校(学校教育法で定める教育機関<大学、専門学校等>)に在学する方で、父母が対象となる市町村に在住し、住民登録を行っている者

 

 なお、小規模離島及び久米島の航空路における交流人口の航空運賃の低減については、既にチケットの販売時点で運賃が低減されているため、特に手続等はありません。 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部交通政策課交通企画班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟7階(北側)

電話番号:098-866-2045

FAX番号:098-866-2448

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?