• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 企画部 総合情報政策課 > 県内市町村のメール送受信障害について(経過報告)

ここから本文です。

更新日:2017年3月17日

県内市町村のメール送受信障害について(経過報告)

   沖縄県および県内41市町村では、インターネット、メールの通信経路を集約してセキュリティ対策および監視を実施するため、沖縄県情報セキュリティクラウド(以下「沖縄SC」)を構築しており、平成29年4月の本格運用に向け、平成29年2月24日より県内各自治体の通信経路移行を行っておりますが、平成29年3月16日昼頃から通信経路の沖縄SC移行を行った27団体においてメールの送受信障害が発生しました。

  現在、事象が発生した団体におけるメール送受信障害は解消しております。

1.事象が発生した可能性のある団体(県内27団体)

那覇市、宜野湾市、名護市、石垣市、糸満市、沖縄市、うるま市、豊見城市、南城市

金武町、久米島町、竹富町、与那国町、本部町、西原町、与那原町、南風原町、北谷町

国頭村、読谷村、渡名喜村、伊江村、恩納村、大宜味村、伊是名村、宜野座村、渡嘉敷村

2.障害状況

以下の障害が発生しました。

(1)該当市町村から、送信されたメール(インターネットメール)が、沖縄SCから送信先へ送信されない。

(2)該当市町村のうち一部の団体へ送信されたメール(インターネットメール)が、沖縄SCから団体へ送信できず、団体側でメールが受信できない。

(3)一部は配信エラーとして送信元に通知された。

3.原因及び経過

(1)沖縄SC内のネットワーク帯域制御を行う装置において、沖縄SC全体に割り当てたメール用通信帯域の上限となった際に、上限値でメールを配送するのではなく、通信が行えなくなり、メールが滞留しました。

(2)上限値を示す事象が発生しないよう帯域設定を解除し、3月16日23:40までに滞留したメールを配信しました。(メール以外の通信の帯域は別途確保)

(3)3月17日17:00時点でメールの滞留、帯域モニタリングにて問題はありません(当初設定のしきい値に達していない)。

4.今後について

全ての自治体の移行作業を踏まえて、適切なメール通信帯域の設定、挙動の確認を行う予定です。なお、上限値を示した理由、その際に通信が行えなった原因の特定については、構築業者の調査を待ち、対応を行います。

事象が発生した団体および該当団体へのメール送受信を行っている皆様へご迷惑をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。

お問い合わせ

企画部総合情報政策課番号制度推進班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟14階(南側)

電話番号:098-866-2036

FAX番号:098-867-2998

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?