• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 環境部 環境保全課 > 環境保全課の業務 > 大気環境班 > 大気環境 > 沖縄県生活環境保全条例等の改正(非飛散性石綿の飛散防止対策)について

ここから本文です。

更新日:2015年8月7日

沖縄県生活環境保全条例等の改正(非飛散性石綿の飛散防止対策)について

大気汚染防止法では規制の対象外となっている石綿含有成形板(石綿を含有する板状に成形された建築材料をいう。)などの非飛散性石綿の解体工事(リフォーム(改造)や補修も対象になります。)において、飛散を防止する対策の強化を図り、県民の健康に係る被害を防止するため、沖縄県生活環境保全条例を改正しました。

この条例は、平成28年4月1日から施行します。改正の概要は以下のとおりです。

 

 

1 沖縄県生活環境保全条例の改正について

沖縄県生活環境保全条例の主な改正内容は、大きく分けて次の3点となります。

(1)非飛散性石綿の排出等作業に関する規制(大気汚染防止法に準じて規制)

  • 作業基準を追加
  • 特定粉じん排出等作業(※1)の実施の届出を追加
  • 解体等工事(※2)における石綿の事前調査の実施及び調査結果の掲示を追加
  • 作業基準の遵守義務を追加
  • 計画変更命令、作業基準適合命令を追加
  • 発注者の配慮に関する規定を追加
  • 報告及び検査の規定を追加  

※1 特定粉じん排出等作業:石綿含有成形板その他の特定粉じんを発生し、又は飛散させる原因となる建築材料で規則で定めるもの(以下「特定建築材料」という。)が使用されている建築物その他の工作物(以下「建築物等」という。)を解体し、改造し、又は補修する作業のうち、その作業の場所から排出され、又は飛散する特定粉じんが大気の汚染の原因となるもので規則で定めるものをいう。

※2 解体等工事:建築物等を解体し、改造し、又は補修する作業を伴う建設工事(当該建設工事が特定工事(特定粉じん排出等作業を伴う建設工事)に該当しないことが明らかなものとして規則で定めるものを除く。)

 

(2)飛散性石綿及び非飛散性石綿の排出等作業に関する規制(県知事に届出した作業のみ)

  • 作業の完了届出を追加(沖縄県では、届出後、その作業が届出内容と同じ方法で実施しているのか確認するため、作業完了後に届出を提出していただくこととしました。)

 

(3)その他の改正

  • 粉じん発生施設を一般粉じん発生施設に変更(現在、粉じん発生施設の届出している施設は自動的に一般粉じん発生施設に移行)
  • 規制に係る罰則を追加

飛散性石綿(アスベスト)の除去工事における条例改正の規制部分は次のとおりです。

飛散性石綿規制フロー

非飛散性石綿(アスベスト)の除去工事における条例改正の規制部分は次のとおりです。

非飛散性石綿規制フロー

 条例改正概要説明資料

沖縄県生活環境保全条例の改正の概要について(PDF:788KB)

 

2 沖縄県生活環境保全条例施行規則の改正について

沖縄県生活環境保全条例の改正に伴い、沖縄県生活環境保全条例施行規則も改正しました。
主な改正内容は、次のとおりです。

  • 作業基準内容を追加
  • 届出対象範囲の規定を追加
  • 解体等工事に係る説明事項や時期を追加
  • 掲示の方法や事項を追加
  • 届出や完了の様式を追加

 

条例及び施行規則の条文については、下記の資料をご確認ください。

沖縄県公報(H27年号外第15号)抜粋(PDF:3,848KB)

沖縄県生活環境保全条例(改正版_修正箇所下線)(PDF:203KB)

沖縄県生活環境保全条例施行規則(改正版_修正箇所下線)(PDF:806KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境保全課大気環境班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2236

FAX番号:098-866-2240

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?