• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 環境部 環境保全課 > 環境保全課の業務 > 大気環境班 > 基地 > 米軍ヘリ炎上事故に係る内周規制線内における土壌表面の放射線の確認について

ここから本文です。

更新日:2017年10月17日

米軍ヘリ炎上事故に係る内周規制線内における土壌表面の放射線の確認について

お知らせ

平成29年10月11日(水曜日)に東村高江地区内で発生した米軍ヘリ炎上事故について、沖縄県は、本日午後より、事故発生現場付近での調査を実施することになりましたので、公表します。

 

1.目的

平成29年10月11日に東村高江区内で発生した米軍ヘリ炎上事故について、内周規制線内の土壌表面汚染状況を把握することを目的とする。 

2.調査日

平成29年10月17日(火曜日) 

3.調査場所

東村高江ヘリ炎上事故現場(内周規制線内) 

4.調査方法

土壌の放射能調査
 ・GMサーベイメータによる土壌表面の放射線計数率(cpm)の確認 

5.派遣職員

  • 沖縄県環境部環境保全課大気・水関係担当職員
  • 沖縄県衛生環境研究所大気・水関係担当職員

 

追加の情報は環境保全課のページに随時掲載していきます。

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境保全課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2236

FAX番号:098-866-2240

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?