• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 事業概要・制度概要 > 感染症対策について(結核感染症班) > インフルエンザ罹患に伴う治癒証明書を求めることについて

ここから本文です。

更新日:2012年8月29日

インフルエンザ罹患に伴う治癒証明書を求めることについて



  インフルエンザに罹患した場合、発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過し健康が回復すれば外出の自粛を終了することが可能であると考えられており、復帰に先立って医療機関を受診させ、治癒証明書を求めることは意義がないとされております。

  そのため、沖縄県では、治癒証明書取得に伴う本人の負担や医療機関の軽減を図るために、別添写しのとおり教育機関において治癒証明書を求めることを控えるようお願いしているところです。教育関係者及び保護者の方々におかれては、ご理解とご協力の程よろしくお願いします。
  また、民間事業所で従業員が罹患した場合も同様ですので、併せてご理解とご協力をお願いします。

  なお、治癒証明書の代替として、保護者や従業員本人からの解熱の報告様式を参考までに作成しております。診断書様式と併せて利用することも可能ですのでご活用ください。

 

※様式の趣旨として、罹患した場合に必ず診断書を取得することを依頼するものでもありません。
  従来から罹患証明書を求めていない場合は、下欄のみ活用してください。
※様式の活用によって、診断書発行の手数料が減額されることはありません。
※様式の活用は下記の例を想定しています。

 

教育機関

  • 年度当初に、学校等より保護者に当該様式を配布
  • 診断書が必要な教育機関においては、児童生徒が罹患した場合に様式を医療機関に提出するよう予め依頼しておき、医療機関からの診断書及び保護者からの解熱の状況報告を再登校時に提出してもらう。
  • 診断書が不用な教育機関においては、保護者記入欄のみ記入の上、再登校時に提出してもらう

 

医療機関

  • 様式の存在に留意頂くとともに、保護者等から当該様式の提出があった場合のご協力
  • 診断書を求めているが特に様式の提出がない場合、様式を活用し、治癒証明書の代わりとなることを説明

 

 インフルエンザ診断書様式 (ワード:38KB) 

 

お問い合わせ

保健医療部健康長寿課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(北側)

電話番号:098-866-2209

FAX番号:098-866-2289

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?