• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 沖縄県感染症情報センター > 沖縄県感染症発生動向調査事業の概要

ここから本文です。

更新日:2017年3月17日

沖縄県感染症発生動向調査事業の概要

沖縄県の感染症発生動向調査事業

沖縄県においては、感染症の流行状況を把握し、感染症の発生予防及びまん延防止等に寄与するため、1980年7月から県医師会及び定点医療機関の協力のもとに感染症サーベイランス事業を開始しました。

さらに、1987年1月からは、全国の保健所、都道府県(政令市)、厚生省(現厚生労働省)間がコンピュータオンラインシステムで結ばれ、感染症の情報が迅速かつ的確に利用できるようになりました。

その後、感染症サーベイランス事業は、1998年より感染症発生動向調査事業となり、1999年4月「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(以下、「感染症法」)が施行され、感染症対策の強化が行われてきました。

 

感染症情報センターの設置

沖縄県では、1999年4月に感染症法が施行されたことに伴い、感染症情報のより迅速な提供を行うため、オンラインシステムを拡充し、2000年7月12日に「沖縄県感染症情報センター」を沖縄県衛生環境研究所企画管理班に設置しました。

お問い合わせ

保健医療部衛生環境研究所企画管理班

〒904-2241 うるま市字兼箇段17番地1

電話番号:098-987-8212

FAX番号:098-987-8210

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?