• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 報道提供資料 > バックナンバー > 麻しん患者発生状況がレベル3になりました(第四報)

ここから本文です。

更新日:2018年4月4日

 本県の麻しん患者発生状況がレベル3になりました(第四報)

 本県では、平成30年3月23日に、平成26年以来となる麻しん患者が発生して以降、4月1日までに、初発例を含めて12例の麻しん患者が確認されました。これを受け、平成30年4月2日に開催されました「はしか“0”プロジェクト委員会緊急会議(検討評価委員会)」において、本県の麻しん患者発生状況は、別添の「沖縄県麻しん発生時対応ガイドライン」における「レベル3」に該当したことが決定されました。

報道発表資料(PDF:64KB)

関係機関あて通知文(PDF:169KB)

沖縄県麻しん発生時対応ガイドライン(PDF:152KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部地域保健課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階

電話番号:098-866-2215

FAX番号:098-866-2241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?