• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

ESCO事業

地球温暖化対策の一つとして、既存県有施設の省エネルギー化を推進するため、ESCO事業を実施している。

ESCO事業を実施している県有施設

ESCO事業を実施している県の3施設

施設名

実施期間

概要

沖縄県庁舎

平成20年4月~平成30年3月

県庁舎(PDF:473KB)

沖縄県立看護大学

平成20年4月~平成33年3月

看護大学(PDF:1,118KB)

沖縄県議会棟

平成22年4月~平成32年3月

県議会棟(PDF:726KB)

 

ESCO事業が完了した県の施設

施設名

実施期間

概要

沖縄県立北部病院

平成20年4月~平成27年3月

北部病院(PDF:68KB)

ESCO事業の効果

平成27年度施設別実績

 

平成27年度の3施設ごとの削減実績

削減項目

沖縄県庁舎

沖縄県立看護大学

沖縄県議会棟

光熱水費削減額

41,196千円

8,665千円

11,820千円

二酸化炭素削減量

1,423トン

214トン

391トン

 

これまでの実績(4施設合計)

 

4施設全体の年度ごとの削減実績

年度

光熱水費削減額

二酸化炭素削減量

平成20

103,717千円

3,746トン

平成21

109,093千円

3,674トン

平成22

115,342千円

3,698トン

平成23

117,885千円

3,657トン

平成24

114,456千円

3,700トン

平成25

118,202千円

3,771トン

平成26

117,181千円

3,571トン

平成27

61,681千円

2,028トン

〇平成20と平成21は、議会棟を除く3施設の合計

〇平成27年度は、北部病院を除く3施設の合計

沖縄県立北部病院の実績

沖縄県立北部病院は、平成20年4月からESCO事業を開始し、平成27年3月で7年間の契約期間を完了した。

ESCO事業者からの実績報告

  • コストメリット:7年間合計で4億3800万円
  • 省エネルギー率:7年間平均で34.3%
  • CO2削減量:7年間合計16千トン

平成21年度に省エネ大賞(経済産業省資源エネルギー庁所管)の「組織部門」「支援サービス分野」において、省エネルギーセンター会長賞を受賞している。

ESCO事業関連関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木建築部施設建築課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟10階(北側)

電話番号:098-866-2416

FAX番号:098-867-3314

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?