• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 社会基盤 > 建築・開発 > 事業概要・制度概要 > 耐震改修関連 > 沖縄県耐震改修促進計画について

ここから本文です。

更新日:2018年4月27日

沖縄県耐震改修促進計画について

沖縄県耐震改修促進計画の策定について

 沖縄県では、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に基づき、地震による建築物の倒壊等から県民の生命及び財産を保護するために、建築物の耐震診断及び改修を総合的かつ計画的に促進することを目的として、平成11年3月に「沖縄県耐震改修促進計画」を策定しています。

 平成25年度の住宅の耐震化率、多数の者が利用する建築物の耐震化率について推計方法の見直しによる修正、並びに大規模な地震が発生した場合においてその利用を確保することが公益上必要な建築物のうち既存耐震不適格建築物であるものについて、耐震診断の結果の報告を求める「防災拠点建築物」を定めるため、県は、平成30年4月に当該計画を変更しました。

 計画の概要

  1. 耐震診断・改修を促進すべき建築物と耐震化率の目標設定
    住宅:現状の85.1%(平成25年)から平成32年までに95%に引き上げることを目標とします。
    特定建築物:現状の83.5%(平成19年)から平成32年までに95%に引き上げることを目標とします。
  2. 防災拠点建築物の耐震化の促進                                                    大規模な地震が発生した際にその利用を確保することが公益上必要な建築物のうち既存耐震不適格建築物の耐震化を促進するため、耐震診断結果の報告を求める「防災拠点建築物」を定めました。 
  3. 緊急輸送道路の指定
    地震時に通行を確保すべき道路(緊急輸送道路)として、沖縄県地域防災計画に規定されている緊急輸送道路(合計29路線)を指定し、重点的に耐震診断・改修の促進を行う事としました。
  4. 耐震診断・改修の普及啓発を図るための施策
    耐震診断・改修の普及を図るために、関連情報の提供、実施体制の整備、支援方法などについて定めました。
  5. 県、市町村、関係団体との相互連携
    県、市町村、関係団体の役割を定め、総合的な耐震診断・改修の実施を図る事としました。

沖縄県耐震改修促進計画<本編>(PDF:1,434KB)

沖縄県耐震改修促進計画<資料編>(PDF:4,975KB)


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木建築部建築指導課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟10階(北側)

電話番号:098-866-2413

FAX番号:098-866-3557

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?