• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 社会基盤 > 道路管理 > 計画・プラン > 沖縄県緊急輸送道路ネットワーク計画について

ここから本文です。

更新日:2014年7月18日

沖縄県緊急輸送道路ネットワーク計画について

沖縄県緊急輸送道路ネットワーク計画

平成7年1月に起きた阪神・淡路大震災の教訓から、全国的に「緊急輸送道路ネットワーク計画」策定の取り組みが行われ、沖縄県でも平成8年7月に「沖縄県緊急輸送道路ネットワーク計画」を策定しました。

緊急輸送道路ネットワークの機能は、沖縄県地域防災計画及び各市町村地域防災計画との連携を図り、「発災時における人命の安全」、「被害拡大防止」、「災害応急対策の円滑な実施」を目的として、救助活動、救急活動、医療活動、消火活動、避難者への供給活動が迅速かつ円滑に行われるものです。

策定した平成8年から14年経過し、その後の市町村合併等の社会情勢の変化や道路整備の進捗等を踏まえ、平成22年度に見直し作業を行い、平成23年3月に同計画を改定しました。見直し作業は、有識者(琉球大学2名)、沖縄総合事務局、沖縄県、市町村等の関係機関で構成する協議会において行いました。

前回計画(H8)と今回計画(H22)の主な変更点は、以下のとおりです。

1.道路整備が進捗したこと等を考慮し、指定道路の延長が増加。
(L=864km→L=1,055km)
2.各地区の消防本部、警察署を防災拠点として追加。

今回の計画は、マグニチュード7.8の地震が発生した場合の被害(液状化、津波)を想定し、策定しました。
東日本大震災のマグニチュード9.0クラスの地震については、今後、沖縄県地域防災計画等の見直し時期及び内容を踏まえ、検討する必要があります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木建築部道路管理課補修班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟11階(南側)

電話番号:098-866-2665

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?