• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

沖縄ソフトパワー発信事業-Co-Creation Towards Tomorrow

本事業は、沖縄の文化や自然、歴史、平和を希求する心などを沖縄が持つソフトパワーとして、世界へ発信し、人々の共感を得ることで沖縄に対する理解、認知度を高めることを目的としています。

有識者インタビュー

有識者選定基準

 

  • 日本に在住し、日本(沖縄)の文化、芸術、歴史に造詣の深い外国人の方
  • 海外に向け日本の文化、芸術歴史の発信、また国際交流事業に従事している方
  • 海外で活躍し沖縄に関する知識、見識を有する方

などの有識者に対し「沖縄から発信したいこと、発信すべきこと」、「外国で受入れられる(求められる)沖縄の魅力」等についてインタビューを行い、本事業のコンセプトを導くための参考としました。

ロバート・キャンベル(日本文学研究者・東京大学大学院教授)

 

ロバート・キャンベル 日本文学研究者・東京大学大学院教授

沖縄のポジショニングのポイント:東アジアのオンリーワン沖縄

現在、世界では言うまでもなくどこの地域でもソフトパワーで文化、経済などの力を発揮し発信して行く事は一番重要。欧米アジアを問わず、現在どこも非常に力を入れている。沖縄の米国に対する発信を考えた時、米国民の心情にも意識することが必要。沖縄ならではの歴史、文化、さらには沖縄だけが可能にしてきた沖縄の中の古い米国、なども発信したらどうか。また、行政による海外発信事業となると、どうしてもパンフレットやイベントなど、一方的な発信にとどまってしまう傾向があるが、米国の大学(例えば、MITの伊藤穣一氏のMediaLabなど)と提携し、中長期的に双方向で発信できるプラットフォームを構築したらどうだろうか?人と人との交流による、一歩先を考えた、ソフトパワー発信の展開に期待する。

本田修(国際交流基金・米州総局長、ニューヨーク文化センター・ニューヨーク日米センター所長)

本田修 国際交流基金・文化事業部長

沖縄のポジショニングのポイント:東アジアの安定に寄与する沖縄

国際交流基金の考え方は、経済大国としてしか認識されていなかった日本の文化面に目を向けてもらい、世界との協働、共通課題への対応をおこなうパートナーとしての、基盤を構築すること。沖縄の発信においても、単方向ではなく、双方向性のやり取りを可能とすることが重要なのではないか。この意味で、外交的な手段の一つと位置づけるべきだろう。沖縄の発信に当たっては、単なるお国自慢では意味がない、米国との共通課題に結び付けることが大切。その意味で、東アジアの安定に寄与する沖縄としての、古来から歴史や文化的側面に、目を向けることが重要なのではないか?その意味で、ハワイや(最近時の)韓国のあり方にも学ぶ点は大きい。そして、沖縄の何を伸ばしたいのか?にも目を向けて進めていくべきではないかと考える。また、展開に当たっては、観光、伝統文化、新領域など、国際リテラシーを持った人材を育てることが重要なのではないか?その意味で、アメリカの大学に集中コースを作る、アートレジデント、英語のサイト構築など、単発ではない中長期的取り組みが期待される。

知念 純子(スミソニアン国立自然史博物館 展示企画・プロジェクトマネージメント主任)

知念 純子(スミソニアン国立自然史博物館 展示企画・プロジェクトマネージメント主任)

世界に誇る、多様な文化を吸収し、独自文化としてきた崇高な島

沖縄は日本の中でも経済的、文化的政治的にも特異な地域であり、歴史的な要因で異文化を受け入れてきた。個を重要視する米国では沖縄特有の個性は強み。その強みは多様な文化を受け入れてきた“沖縄の懐の深さ”でもある。グローバリゼーションで興味が持てる“沖縄の懐の深さ”強みを個として米国でも受入れられるようカッコ良く発信する事が大事。

土山實男(青山学院大学国際政治経済学部教授、国際交流共同研究センター所長)

 土山實男(青山学院大学国際政治経済学部教授、国際交流共同研究センター所長)

文化の箱舟

政治的な情報が多い中で、沖縄のソフトパワーだけを発信する方がいい。その中で、沖縄の未来を考えることには意義がある。沖縄の県民が幸せに暮らすためのヒントもそこに必要だろう。少子高齢化を迎える日本の中で、沖縄が自信を取り戻すきっかけとなり、生きていくことの嬉しさを持てるような事業が創れるといいだろう。「アメリカとも親和性を有する独自の文化性」の発信に注力すべきと感じる。

ダミアン・ドーム(在日観光協会会長)

ダミアン・ドーム(在日観光協会会長)

東アジアのコスモポリタン

沖縄は文化的にも気候的にも日本とは異なる魅力が多い。
“日本だけど、日本じゃない”これは沖縄の重要な特長の一つ。 “日本という島国の中で、日本というアンディンティティに加え、歴史的な要因から独自文化を持つ島”というイメージが良いのではないか。
例えるなら、「人びと」が空気や環境と溶け合い、情緒的なハーモニーを醸し出しているイメージ。
自分は、いつも来沖した際に「ビタミン」「元気」をもらう印象がある。沖縄に来てもらうことが一番好ましいが、来れない人に対しては、沖縄の人が気付いていない他者が共感する魅力を伝えなければならないだろう。

加藤嘉一(国際コラムニスト)

加藤嘉一(国際コラムニスト)

世界で大国は少数であり沖縄のような境遇である地域の方が多い。良くも悪くも沖縄は共感を得やすいグローバルスタンダードと言える。
①地理的優位性(アジアの中心)
②多様性・包容力(歴史・文化・人etc)
③日本クオリティ(先進国)
この3つの強みをソフトパワーで発信する事により「知的なプラットフォーム」を目指すべき。良い意味でインディペンデントな存在となり、国際世論を沖縄の味方につける事でいろいろな国際的な課題を解決できるステージに立てる。例えばダボスのような世界の平和に関する課題を考える人々が集まるような知の集積地を目指すべき。

 

 

 

 

 

 

Return to page top

Return to page top