• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 基地 > 米軍基地 > 知事公室 基地対策課 > FAC6011キャンプ・ハンセン

ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

FAC6011キャンプ・ハンセン

6011

キャンプ・ハンセンでは、県内最大規模の実弾射撃演習が実施されています。実弾射撃演習による原野火災や施設外への被弾等、周辺地域へ与える不安が最も高い施設の1つです。
写真手前は、金武町の中心地域、中央に見える施設には兵舎、医療施設、銀行、娯楽施設等が完備されています。
また、平成8年12月のSACO最終報告の後、「県道104号線越え実弾砲兵射撃訓練」については、平成9年6月の日米合同委員会において、本土の演習場での分散・実施が合意されたことから、沖縄での同訓練は事実上廃止されています。

1.施設の概要(平成25年3月末現在)

  • (ア)所在地:名護市(字久志、字喜瀬、字幸喜、字許田)宜野座村(字松田、字宜野座、字惣慶、字漢那)恩納村(字恩納、字喜瀬武原、字安富祖、字大田、字瀬良垣、字南恩納)金武町(字金武、字伊芸、字屋嘉)
  • (イ)施設面積:51,099千m2
  • (ウ)地主数:3,169人
  • (エ)年間賃借料:7,583百万円(平成24年度実績)
  • (オ)駐留軍従業員数:576人

2.施設の管理及び用途

  • (ア)管理:海兵隊
  • (イ)用途:演習場

お問い合わせ

知事公室基地対策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟6階(南側)

電話番号:098-866-2460

FAX番号:098-869-8979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?