• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2018年6月6日

海邦養秀ネットワーク構築事業 / Kaiho Yoshu Network Building Program

  海邦養秀ネットワーク構築事業は、沖縄県の若い世代を海外に派遣し、国際感覚に富む人材を育成するとともに、現地の県系人、特に若い世代との交流を通して相互の絆の強化に努め、派遣先国の県系人社会の活性化を図ること等により、「ウチナーネットワーク」の継承及び発展に資することを目的としています。(外部サイトへリンク)

 (第4回世界のウチナーンチュ大会を機に創設。平成23年度までは「ホストファミリーバンク事業」の名称で実施)  

The Kaiho Yoshu Network Building Program promotes international understanding between Okinawa and Okinawan communities overseas. By sending young Okinawans on homestays with communities of Okinawan descent overseas (kenjinkai), the program deepens friendships and aims to educate the next generation who will be responsible for, and continue, the "Uchina Network".

(This program was started on the occasion of the 4th Worlwide Uchinanchu Festival, and was conducted under the name of "Host Family Bank Program" until 2011.)

平成30年度参加者募集説明会について

5月20日(日)にJICA沖縄国際センターにて参加者募集説明会を実施しました。

元ウチナーンチュ子弟等留学生(県費留学生)や海邦養秀参加OGの方から、アメリカや北米沖縄県人会、そして体験談などのお話をしていただき、説明会に参加した学生からは「説明会に出席してプログラムに参加したい気持ちが大きくなった!」という声もありました。

An information session regarding potential participants was held on May 20th (Sun) at the JICA Okinawa International Center.
Former Okinawan Emigrants' Descendants Scholarship Program (Kempi) recipients talked about the United States and being part of the Okinawa Association of America (OAA), and past Kaiho Yoshu Program participants talked about their experiences from the program. Some interested students said, "[their] desire to participate in the program became much stronger" after going to the information session.

【会場の様子】

H30説明会2

説明会で上がった質問を掲載いたしますので、応募の参考にしてください。

H30年度海邦養秀ネットワーク構築事業参加者募集説明会Q&A(PDF:92KB)

平成29年度海邦養秀ネットワーク構築事業について

  平成29年度は、下記の通り事業を実施しました。

派遣先 アルゼンチン共和国(在亜沖縄県人連合会)

日程  平成29年8月14日~8月29日(現地滞在期間は15日~27日)

参加者 県内高校生5名、県内大学生5名 計10名

The 2017 Kaiho Yoshu Netork Building Program was conducted as follows.

Location: Argentine Republic (Argentina Okinawa Kenjinkai/ Centro Okinawense en Argentina)
Dates: August 14-29, 2017 (duration of visit: August 15-27)
Participants: 5 local Okinawan high school students, 5 local Okinawan university students, total 10 students

集合写真

主なプログラムは以下のとおり

    ○ 一世へのインタビュー
    ○ 初期移民伝統家業(クリーニング業、花卉業)訪問
    ○ 日系新聞ラプラタ報知訪問
    ○ 日亜学院訪問、交流
    ○ 沖連会主催こどもの日のお祝いに参加
    ○ スポーツ交流、アルゼンチン料理ワークショップ
    ○ 沖留会(元沖縄県費留学生、ウチナージュニアスタディー参加者等)交流会
    ○ ボカ地区等視察(歴史学習)
    ○ 沖連会館にて大送別会 等

Main programs were as follows:

 - Interview with 1st generation emigrants
 - Visiting traditional 1st generation emigrant businesses (Dry cleaning and floral industry)
 - Visiting Japanese language newspaper La Plata
 - Visit and exchange with Japan-Argentine School
 - Participating in Children's Day celebrations hosted by Argentina Okinawa Kenjinkai
 - Sports exchange, Argentinian cooking workshop
 - Exhange with OkiRyu-Kai (former Kempi scholarship, Uchina Junior Study, et al. participants)
 - Visiting La Boca neighborhood (history workshop)
 - Farewell party at Argentina Okinawa Kenjinkai Building, etc.

沖留会との交流ボカ地区

 エイサー別れ

10名の参加者達は、学んだことすべてを吸収しようとする非常に意欲的な態度でこのプログラムに臨んでくれました。

彼らは、アルゼンチンで得た何物にも代えがたい経験と、現地の方々と育んだ強い絆を基礎として、今後多くの県民をウチナーネットワークに繋げるリーダーとして活躍してくれることでしょう。

現地での様子やその後の彼らの活躍については、以下の写真集のほか、ブログ、フェイスブックページをご覧ください!

The 10 participants were enthusiastically engaged in the program, determined to absorb everything they learned.

We hope they will become leaders that will connect the people of Okinawa Prefecture and the Uchina Network, using the once-in-a-lifetime experience of their stay in Argentina as well as the deep bonds that were formed with the local Uchinanchu.

Please take a look at the photo allbum below, as well as the program blog and Facebook page for more information about the students' experience in Argentina and their activities after the program!

 海邦養秀ネットワーク構築事業写真集(PDF:2,903KB)

 

加者による現地活動日誌はこちら(外部サイトへリンク) Participants' program log

 

facebook「¡海邦養秀ネットワーク構築事業メンバー集まれ!」(外部サイトへリンク)

平成28年度海邦養秀ネットワーク構築事業について

平成28年度は、下記の通り事業を実施しました。

派遣先 ペルー共和国(ペルー沖縄県人会)

日程  平成28年8月16日から8月31日まで

参加者 県内高校生5名、県内大学生4名、県外大学生1名(県出身者) 計10名

参加者による現地活動日誌はこちら(外部サイトへリンク) Participants' program log

 

The 2016 program was conducted as follows.

Location: Republic of Peru (Peru Okinawa Kenjinkai)
Dates: August 16-31, 2016
Participants: 5 local Okinawan high school students, 4 local Okinawan university students, 1 university student from another prefecture (originally from Okinawa), total 10 students

kenjinkaikan

 

 launion

¡ 平成28年度海邦養秀ネットワーク構築事業報告会を行いました!

10月8日(土)、JICA沖縄ニライホールにおいてペルー派遣報告会を行いました。

参加者の御家族や学校の先生、関係者など多くの方々にお集まりいただき、各参加者がペルーにおいて感じたことや学んだことを発表したほか、県人会で習ったペルーの伝統舞踊を披露しました。

また、参加者一人一人が、今回の研修を踏まえ、将来ウチナーネットワークを発展させていくための行動宣言を力強く行いました。

A debriefing session for the Peru program was held on October 8th (Sat) at the JICA Okinawa Nirai Hall.
Participants' families, teachers, persons related to the program, as well as many others came to see the participants present what they learned and felt during their stay in Peru; the participants also performed a traditional Peruvian dance they learned from the Peru Okinawa Kenjinkai.
Additionally, each participant vowed to strengthen and continue the Uchina Network using what they gained through the program.

houkokukai 

各参加者は、研修後もペルーで知り合った方々とSNSで連絡を取り合ったり、10月下旬に行われた世界のウチナーンチュ大会及び関連イベントにも積極的に参加したりと、早速行動を始めています。

すでにそのネットワークはペルーだけでなく、ブラジル、アメリカ、ボリビアなど様々な国に広がり始めています。

次世代のウチナーネットワークを担う人材として、今回当事業に参加した若者10人の今後の活躍が大いに期待されます。

Participants are already beginning to act, such as keeping in touch with people they met in Peru through social media, and participating the 6th Worldwide Uchinanchu Festival held in late October and its related events.

The Uchina Network is starting to expand not just to Peru, but to many countries such as Brazil, the United States, and Bolivia.

We look forward to the future of the 10 program participants as the leaders of the next generations of the Uchina Network.

¡ おきなわ国際協力・交流フェスティバル2016にて事業紹介!

11月19・20日(土・日)、沖縄県はJICA沖縄で行われたおきなわ国際協力・交流フェスティバルに出展しました。その中で、県主催の交流事業の一つとして海邦養秀ネットワーク構築事業の紹介を行いました。

今回は、参加学生がペルーでの経験をまとめた掲示物や、10月の報告会で発表した行動宣言をメインに掲示しました。

Okinawa Prefecture ran a booth at the Okinawa Global Festival, held at the JICA Okinawa International Center on November 19 and 20. Among the various displays, the Kaiho Yoshu Network Building Program was introduced as an exchange program run by the prefecture.

jica

ブースには、参加学生と同世代の若者をはじめ、多くの方がお越しになり、掲示物を興味津々に御覧になっていました。

参加学生も勉強の合間を縫ってブースに来場し、経験を元に来訪者への事業説明を手伝ってくれました。

来訪者の中には、早くも次年度の当事業への参加意欲を示す学生もいて、次代を担う一人としてウチナーネットワークを継承し、発展させていきたいという強い意志を感じました。皆様のお申し込み、心からお待ちしております!

Many people came to the booth and looked through the exhibit with great interest, including young people around the same age the participants.

Participants took time out of their schedules and assisted at the booth, talking to visitors about the program and their experiences.

Some visitors were students who were already interested in applying for the next year's program, with a strong resolution to be the next generation of members of the Uchina Network. We look forward to everyone's applications!

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化観光スポーツ部交流推進課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟5階(南側)

電話番号:098-866-2479

FAX番号:098-866-2960

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?