• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 産業・仕事 > 観光 > 統計・データ・その他刊行物等 > 観光客数 > 入域観光客数 > 平成23年5月入域観光客統計概況(平成23年6月15日発表)(数値データファイルを一番下に添付しています。)

ここから本文です。

更新日:2012年8月24日

平成23年5月入域観光客統計概況(平成23年6月15日発表)(数値データファイルを一番下に添付しています。)

                                                                                                                                     
  平成23年(2011年)        
  入域観光客統計概況    
  5月    
         
  5月の観光客数は、38万4,500 人。
対前年同月比 △8万500 人、△17.3 %
~平成22年12月から6ヶ月連続で前年同月実績を下回った~
 
   
   
       
   
     
    国内外別入域状況          
 
  区分 入域観光客数 前年同月実績 前年同月比(人) 前年同月比(%)          
  国内客 360,500 434,400 73,900 17.0%          
  外国客 24,000 30,600 6,600 21.6%          
  合計 384,500 465,000 80,500 17.3%          
             
    地域別入域状況(国内)                
             
  区分 入域観光客数 前年同月実績 前年同月比(人) 前年同月比(%) 構成比    
  東京方面 150,000 186,700 36,700 19.7% 41.6%  
  関西方面 95,700 105,600 9,900 9.4% 26.5%  
  福岡方面 48,000 52,900 4,900 9.3% 13.3%  
  名古屋 28,400 39,200 10,800 27.6% 7.9%  
  その他 38,400 50,000 11,600 23.2% 10.7%  
  合計 360,500 434,400 73,900 17.0% 100.0%  
                                   
    国籍別入域状況(海外)                                      
                                     
  区分 外国人観光客数 前年同月実績 前年同月比(人) 前年同月比(%) 構成比  
  台湾 11,600 14,000 2,400 17.1% 48.3%  
  韓国 1,100 1,400 300 21.4% 4.6%  
  中国本土 2,700 1,400 1,300 92.9% 11.3%      
  香港 1,700 5,500 3,800 69.1% 7.1%  
  アメリカ 400 400 ± 0 ± 0.0% 1.7%  
  その他 6,500 7,900 1,400 17.7% 27.1%  
  合計 24,000 30,600 6,600 21.6% 100.0%  
  ※今月の特例上陸者数は8,600人。                      
                           
     
    概況と見通し    
  【国内】      
  ● 昨年の5月と比較し提供座席数が約11万席減少していること、震災後の消費マインド低下にともなう旅行手控えも継続していることから、前年同月実績を下回った。
● 6月以降、昨年5月から継続していた提供座席数減少が一巡しつつあることから、減少幅は縮小する見通し。東京電力、関西電力による節電要請、企業による夏休み取得の推奨等から沖縄への送客数増加が期待される。
 
         
   
       
   
     
  【海外】  
  ● 5月は、海路客については昨年実績並みに推移したものの、震災の影響による航空定期便やチャーター便の運休から前年同月実績を下回った。
● 6月は、航空定期便やチャーター便の運休等から厳しい状況が続く見通し。7月以降は、条件付で中国人観光客に対して数次ビザの発給が可能になること、航空定期便の運航再開や北京-那覇便の就航予定(7月末)等から持ち直しが期待される。
 
       
   
   
   
     
     
    各方面ごとの概況と見通し      
     
  東京      
  ● GW期間中はホテルや旅行会社の値下げにより好調に推移したものの、昨年の5月に比べ提供座席数が大幅に少ないことから、前年同月実績を下回った。
● 6月以降は提供座席数の減少が一巡することから減少幅は縮小傾向で推移する見通し。
 
       
   
   
       
  大阪      
  ● 5月は、提供座席数の減少、震災による旅行手控えから、前年同月実績を下回った。
● 6月は、修学旅行の他方面からの振替から回復傾向で推移するものと見られる。今後は、神戸路線の廃止から1年が経過し、昨年と比較した減少幅は縮小するものと見られる。
 
   
   
   
   
  福岡      
  ● 団体客を中心とした旅行手控えや提供座席数の減少、さらに、昨年運航された福岡-石垣路線の運航が今年はなかったことから、前年同月実績を下回った。
● 6月以降は、スカイマークが1日1往復増便することから昨年並みの推移が見込まれる。さらに、高校総体開催により予約が取りづらかったことへの反動増も期待される。
 
     
   
   
   
  名古屋      
  ● 5月は、提供座席数の減少や震災による旅行手控えの継続から前年同月実績を下回った。
● 6月以降は、スカイマークによる名古屋-那覇線の就航や全日空による機材大型化、消費自粛の反動による需要増加等から回復傾向での推移が見込まれる。
 
   
   
       
   
         
  ● 航空定期便の減便、チャーター便運休により空路客が減少したことから、前年同月実績を下回った。
● 航空定期便が6月から前年並みになるものの、チャーター便による送客数の減少から今後も厳しい状況が続くものと見られる。
 
   
   
   
  韓国  
  ● 航空定期便が昨年よりも2便多い運航状況であること、インセンティブツアーの実施等から、震災による旅行手控えはあったものの小幅な減少にとどまった。
● 今後も、航空定期便が昨年よりも多く運航されること、6月からはクラブメッドによるチャーター便が再開されることから堅調に推移するものと見られる。
     
   
   
   
   
     
  ● クルーズ船寄港による海路客(特例上陸者)が増加したことから、前年同月実績を上回った。
● 7月末に北京-那覇線が就航すること、8月以降、中国東方航空の上海-那覇線が増便されることから送客増加が期待される。
     
   
   
     
  ● 香港ドラゴン航空の運休、震災の影響による旅行手控えから前年同月実績を下回った。
● 6月は前年割れ、7月以降は、上記定期便の運航が再開されることや緊急対策として実施したメディア招聘等の効果から回復傾向で推移するものと見られる。
     
   
   
   
   
 
    7月のトピックス      
 
  上旬 中旬      
  第28回ピースフルラブ・ロックフェスティバル2010
7月2日(土曜日)、3日(日曜日)
海洋博公園サマーフェスティバル2011
7月16日(土曜日)
 
   
   
  担当:観光政策課 宮良(ミヤラ) TEL:098-866-2763  
                                                                                                                                     

H23-5geppou.xls(エクセル:124KB)
↑グラフ等はこちら

H23_5gaikyou.pdf(PDF:2,816KB)
↑印刷用(9ページ)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化観光スポーツ部観光政策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟8階(南側)

電話番号:098-866-2763

FAX番号:098-866-2767

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?