1.沿革と概要
 運天港は、沖縄本島北部の本部半島の東側に位置し、本部半島、古宇利島及び屋我地島に囲まれた天然の良港である。
 琉球王府時代には今帰仁間切所が設置され、北部の行政要所であった。また、17世紀の薩摩軍の琉球進入時に第1歩を踏み入れた港として、その後も薩摩との航路としても利用された。
 大正期からしょうわにかえkては、奄美諸島や近隣離島との流通の中心地として畜産物・サトウキビ等を取り扱い、黒糖の本土向け積み出し港として栄えた。
 戦後、北部製糖が水深5m、1,000d級の船舶利用ができる岸壁を建設、本格的な港湾機能が再開し昭和47年5月には沖縄の本土復帰と同時に沖縄県を港湾管理者とする重要港湾として指定された。
[定期航路]
 運天/伊平屋  フェリーいへや    2/日            伊平屋村役場
  運天/伊是名  ニューいぜな     2/日           
伊是名村役場

運天地区

上運天地区

運天原地区

湧川地区

呉我地区

屋我地区