土木建築部 港湾課

沖縄県ホーム > 県庁内組織一覧 > 港湾課トップ > 臨港地区

 


臨港地区


 1.臨港地区及び分区の指定について

 臨港地区とは、港湾の管理運営を円滑に行うため、水域である港湾区域と一体として機能すべき陸域であり、都市計画法により臨港地区として定められた地区又は港湾法により港湾管理者が定めた区域のことです。

 
分区とは、港湾における土地利用の計画的な誘導と港湾の機能を十分に発揮させるため、臨港地区内の土地を目的別に区分けし、それぞれの分区の目的に従って建物・その他の構造物の用途を規制する区域のことで、港湾法により港湾管理者が定めます。

 
2.臨港地区内分区における構築物の規制について

 臨港地区内に分区が指定されると、「沖縄県が管理する港湾の臨港地区内の分区における構造物の規制に関する条例」により、それぞれ分区の目的にあわない構造物の建設や用途の変更が規制されます。
 また、既存の構造物についても、その用途によって増改築や用途の変更等が規制される場合があります。

 
3.臨港地区の行為の届出について

 臨港地区内では、港湾の開発、利用及び保全に著しい影響が生じるおそれがある
一定規模以上(床面積の合計が2,500u以上又は敷地面積が5,000u以上)の工場・事業場の新増設を行う場合、工事開始60日前までに港湾管理者への届出が必要となります。


沖縄県管理港湾における臨港地区関係資料

■臨港地区図面資料

■【様式】臨港地区内行為届出書等


■分区図面資料




 

CONTENTS

 

港湾課トップ

 

沖縄の港湾

 

マリンタウンプロジェクト

 

沖縄みなとネットワーク

 

中城湾港(泡瀬)

 

宜野湾マリーナ

 

港湾事業

 

港湾の利用について

 

港湾統計データ

 

港湾課の仕事

 

関連資料

 

関連資料

 

マリンタウンプロジェクト

 

ご意見、ご感想