識名園
(しきなえん)


 1799年に王族の別邸(べってい)として造られました。保養地として使われただけでなく、中国の王からの使いの人たちをもてなす場所としても使われました。