小 児救急電話相談事業(#8000)について

 

   県、県医師会及び県看護協会において、地域の小児救急医療体制の補強と医療機関の機能分化を推進し、県内における患者の症状に応じた適切な医療提供体制の 構築のため、小児救急電話相談事業(#8000)を平成22年7月5日からモデル事業として実施しております。


   その実施内容等は、下記及び#8000チラシのとおりです。県民の皆様の御理解と御協力をよろしくお願いします。


                            記


1  #8000とは

  小さなお子さんをお持ちの保護者の方が、休日・夜間の急な子どもの病気にどう対処したらよいのか、病院の診療を受けた方がよいのかなど判断に迷った時に、 全国統一の短縮番号#8000をプッシュすることにより、都道府県の相談窓口に自動転送され、看護師・医師からお子さんの症状に応じた適切な対処の仕方や 救急病院等に関するアドバイスを受けられます。


2 相談日時 
  毎日・夜間 午後7時〜午後11時


3 電話のかけ方
 固定電話及び携帯電話の場合は、#8000をプッシュします。ダイヤル回線や#8000をご利用いただけない地域からおかけの場合は、電話番号098 −888−5230に電話を掛けます。


4 注意してもらいたいこと
 電話相談は、病気の診断や治療を行うものではありません。相談を受けた際に、もし不安な点がありましたら、ご家族で判断されて救急病院などを受診され て下さい。         

 

 

○#8000チ ラシ

○#8000 カット集