沖縄県
google
分野別で探す 県民ハンドブック 組織で探す 知事のページ リンク ENGLISH サイトマップ ヘルプ
県民ハンドブック・ロゴ

5. 児童・青少年・家庭・女性

 

青少年問題についての相談は

 青少年を非行から守るために、本人や関係者とご相談する機関が「青少年センター」です。いじめや非行など青少年問題については、一人で悩まずに、気軽に電話するか直接青少年センターにご相談ください。

《青少年センター等》
相談機関名
住所/電話番号
受付時間
沖縄県立総合教育センター
(教育相談研究室)
〒904-2174  沖縄市与儀3-11-1
 TEL:098(933)7537
月〜金9:00〜17:00
土・日・祝日・年末年始休み
那覇市教育相談課
青少年ダイヤル「なは」
〒902-0064  那覇市寄宮2-32-1
 TEL:098(832)7867
月〜金9:00〜12:00
13:00〜17:00
土・日・祝祭日・年末年始休み
沖縄市青少年センター
少年相談テレフォン「おきなわ」
〒904-0031  沖縄市上地3-4-5
 TEL:098(930)1355
月〜金8:30〜17:15
土・日・祝祭日・年末年始休み
浦添市こども青少年課
教育相談室「くくむい」
〒901-2103  浦添市仲間1-1-2
 TEL:098(876)7830
月〜金9:00〜17:00
土・日・祝祭日・年末年始休み
うるま市青少年センター
「青空教室」
〒904-2392  うるま市勝連平安名3032
 TEL:098(978)2202
月〜金9:00〜16:00
土・日・祝祭日・年末年始休み
嘉手納町青少年センター 〒904-0203  嘉手納町嘉手納250-1
 TEL:098(957)1717
月〜金8:30〜17:15
土・日・祝祭日・年末年始休み
北谷町青少年支援センター 〒904-0103  北谷町字桑江467-1
ちゃたんニライセンター2F
 TEL:098(936)3424
月〜金9:00〜12:00
13:00〜17:00
土・日・祝日・年末年始休み
読谷村青少年センター 〒904-0301  読谷村座喜味2901
 TEL:098(982)9232
月〜金8:30〜12:00
14:00〜17:10
土・日・祝祭日・年末年始休み
石垣市青少年センター 〒907-0022  石垣市字大川14
 県立文化会館1F
 TEL:0980(82)1030
月〜金8:30〜17:15
土・日・祝祭日・年末年始休み
糸満市青少年センター 〒901-0361 糸満市字糸満1410-10
 TEL:098(995)1952
火〜土10:00〜18:00
日・月・祝祭日・年末年始休み
宜野湾市青少年サポートセンター第一教育相談室 〒901-2203  宜野湾市野嵩730
 TEL:098(892)4732
月〜金9:00〜16:00
日・月・祝祭日・年末年始休み
西原町教育委員会
教育相談室
〒903-0102  西原町嘉手苅112
 TEL:098(944)3603
月〜金8:30〜12:00
13:00〜17:15
土・日・祝日・年末年始休み
沖縄県警察本部生活安全部
少年課「少年サポートセンター」
〒900-0029 那覇市旭町116-37
 TEL:0120(276)556
月〜金9:30〜18:15
土・日・祝日・年末年始休み
那覇少年鑑別所
「波の上こころの相談所」
〒900-0036  那覇市西3-14-20
 TEL:098(862)4606
月〜金9:00〜17:00
土・日・祝日・年末年始休み

 

青少年研修・交流事業に参加するには

 国及び県では、次代を担う青少年を健全に育成するため、次の青少年交流事業を行っています。

内閣府青年国際交流事業

問い合わせ先 ●県青少年・児童家庭課 TEL:098-866-2174 FAX:098-868-2402
 〒900-8570 那覇市泉崎1-2-2(県庁3階)

 

児童手当を受けるには

 中学生以下の子どもを養育している場合、児童手当が受けられます。
 この手当を受けるためには、市町村役場の窓口で(公務員の方は勤務先に)児童手当認定請求書を提出する必要があります。その方の状況によっては、他に書類が必要になる場合がありますので、詳しくは住所地の市町村窓口にお問い合わせください。

問い合わせ先 ●各市町村児童手当主管課
●県青少年・児童家庭課 TEL:098-866-2174 FAX:098-868-2402

 

児童扶養手当を受けるには

 児童扶養手当は、父、または母のいない世帯の児童について、児童を育成する父、または母もしくは父母に代わる養育者(児童と同居していること)に対して支給される手当です。
 児童とは、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子又は20歳未満で一定の障害の状態にある子です。
 支給要件は次のいずれかに該当する児童などを監護・養育している人です。

  1. 父母が離婚し、父または母と離れて生活している児童
  2. 父、または母が死亡した児童
  3. 父、または母が一定の障害の状態にある児童
  4. 父、または母の生死が明らかでない児童
  5. 父、または母がひきつづき1年以上遺棄(子どもを監護せず、面倒をみなくなった状態)している児童
  6. 父、または母が裁判所からDV保護命令を受けた児童
  7. 父、または母が法令により1年以上刑務所などに拘禁されている児童
  8. 母が婚姻によらないで出生した児童等

 上記に該当していても、受けることができない場合がありますので、詳しくは市町村窓口か県青少年・児童家庭課へお問い合わせください。

問い合わせ先 ●県青少年・児童家庭課 TEL:098-866-2174 FAX:098-868-2402
●市町村の担当窓口

 

特別児童扶養手当を受けるには

 特別児童扶養手当は、一定の障害の状態にある20歳未満の児童を監護する父又は母、若しくは実際の養育者に対して支給される手当です。
 ただし、次の場合は受けることができません。

  1. 父、母または養育者及び児童が国内に住所を有しないとき
  2. 児童が障害を支給事由とする公的年金を受けることができるとき
  3. 児童が施設へ入所した場合等児童を監護しなくなったとき
問い合わせ先 ●県青少年・児童家庭課 TEL:098-866-2174 FAX:098-868-2402
●市町村の担当窓口

 

児童相談所を利用するには

 児童相談所は、家庭での育児の悩みなど、子育てについてのあらゆる相談を受け、必要に応じて子どもの家庭環境や生活状況などを専門的な角度から調査し、それらに基づいてアドバイスを行っています。
 調査の結果、子どもを家庭以外の場所で育てる必要があると判断した場合には、児童相談所で子どもを施設に入所させたり、里親に預けるなどの手続きをとります。
 また、児童相談所は必要に応じて子どもを一時保護する役目も持っています。 児童相談所の連絡先は次のとおりです。

問い合わせ先 中央児童相談所 TEL:098-886-2900 FAX:098-886-6531
(子ども虐待ホットライン TEL:098-886-2900 年中無休・24時間)
●中央児童相談所八重山分室 TEL:0980-88-7801 FAX:0980-83-5949
●コザ児童相談所 TEL:098-937-0859 FAX:098-938-7288

 

里親になりたい人は

 里親になりたい方は、児童相談所か、最寄りの県各福祉保健所に申し込んでください。
 申し込みをうけた児童相談所や県各福祉保健所では、職員が家庭訪問し、里親の希望や家庭状況を調査し、必要に応じて研修を実施します。
 県知事は、沖縄県社会福祉審議会の意見を聴いて、適当と認められる場合は、児童福祉法に基づく里親として認定し、登録します。
 児童相談所では、登録された里親家庭と連絡を取りながら、里親の希望条件、生活環境、子どもの適正また子どもの希望を取り入れ、あらかじめ調査や診断を行って、最もよい組み合わせができるよう配慮して里親への委託を進めます。
 委託された子どもの養育については、児童相談所の児童福祉司が随時助言と指導援助を行います。
 里子の養育費として、定められた経費が公費で支給されます。

問い合わせ先 中央児童相談所 TEL:098-886-2900 FAX:098-886-6531
●コザ児童相談所 TEL:098-937-0859 FAX:098-938-7288
●宮古福祉保健所福祉班 TEL:0980-72-3771 FAX:0980-72-8446
●中央児童相談所八重山分室 TEL:0980-88-7801 FAX:0980-83-5949
●県青少年・児童家庭課 TEL:098-866-2174 FAX:098-868-2402

 

子どもを認可(公立)保育所へ預けるには

 認可(公立)保育所の入所申込みは、各市町村の担当課が窓口となっています。入所決定は、各市町村の保育の実施に関する条例により行われますが、児童の保護者がおおむねつぎのような事情に該当し、かつ、同居の親族その他の者が保育することができない場合に預けることができます。

  1. 昼間両親ともに働いており、児童の面倒をみる者がいない状態が常態であること。
  2. 妊娠中であるか又は出産後間がないこと。
  3. 病気にかかり、若しくは負傷し、又は精神若しくは身体に障害を有していること。
  4. 同居の親族を常時介護していること。
  5. 震災、風災害、火災その他の災害の復旧に当たっていること。
  6. 前各号に類する状態にあること。
問い合わせ先 ●各市町村児童福祉担当課
●県青少年・児童家庭課 TEL:098-866-2174 FAX:098-868-2402

 

母子家庭・寡婦・父子家庭への母子家庭等日常生活支援事業について知りたいときは

 母子家庭等日常生活支援事業は、母子家庭の母及び寡婦、父子家庭の父などの多様なニーズ、時間帯に応じて、家庭生活支援員を派遣したり、講習会場での児童の預かりなどを行うもので、県が社団法人沖縄県母子寡婦福祉連合会に委託して実施しています。
 母子家庭等日常生活支援事業を利用するには、住所地の市町村に申請の手続きをする必要があります。

問い合わせ先 ●各市町村母子寡婦担当事業課
●県青少年・児童家庭課 TEL:098-866-2174 FAX:098-868-2402
●沖縄県母子寡婦福祉連合会
 TEL:098-887-4099 那覇市首里石嶺町4-373-1

 

母子家庭・寡婦対象の貸付制度について知りたいときは

 母子家庭や寡婦の方のより良い生活設計に役立てていただくための貸付制度です。
 12種類の貸付金がありますので、各申請窓口へご相談ください。

問い合わせ先 ●県各福祉保健所、各市町村母子寡婦担当事業課
●県青少年・児童家庭課 TEL:098-866-2174 FAX:098-868-2402
●沖縄県母子寡婦福祉連合会
 TEL:098-887-4099 那覇市首里石嶺町4-373-1

 

配偶者からの暴力等女性が抱える悩みの相談は

 女性相談所では、家族や夫婦間の問題、人間関係、生活困窮等女性の抱えるさまざまな問題、夫等からの暴力などの相談に応じるほか、一時保護業務も行っています。
 相談は、次の各配偶者暴力相談支援センターでも受け付けています。

問い合わせ先 ●沖縄県女性相談所、沖縄県配偶者暴力相談センター TEL 098-854-1172
●北部配偶者暴力相談支援センター TEL 0980-52-0051
●中部配偶者暴力相談支援センター TEL 098-938-9886
●南部配偶者暴力相談支援センター TEL 098-889-6364
●宮古配偶者暴力相談支援センター TEL 0980-72-3132
●八重山配偶者暴力相談支援センター TEL 0980-82-2330
●沖縄県男女共同参画センター てぃるる相談室 TEL 098-868-4010

 

男女共同参画社会についての情報を得るには

 男女共同参画社会とは、男女が互いにその人権を尊重し、性別に関係なく個性や能力を発揮していきいきと活躍する社会です。
 男女共同参画社会の実現に向けての県における取り組み等については、県平和・男女共同参画課のホームページをご参照ください。また、沖縄県男女共同参画センター「てぃるる」図書情報室では、男女共同参画社会づくりをめざして、女性問題に関する図書、AV資料等情報の提供を行っています。

問い合わせ先 ●県平和・男女共同参画課 TEL:098-866-2500 FAX:098-866-2589
沖縄県男女共同参画センター「てぃるる」図書情報室 TEL 098-868-4077