沖縄県
google
分野別で探す 県民ハンドブック 組織で探す 知事のページ リンク ENGLISH サイトマップ ヘルプ
県民ハンドブック・ロゴ

2. 環境・衛生

 

公害の苦情や相談は

  1. 身近な公害苦情相談について
    公害による健康又は生活環境に関する被害が生じた場合は、下記の行政機関にご相談ください。公害苦情相談員等が相談に応じます。
  2. 公害紛争処理制度について
    公害による被害や損害賠償などの争いが生じ、当事者間の話し合いや苦情相談などで解決されない場合、裁判手続きよりも簡単で早く、しかも少ない費用で処理する公害紛争処理制度があります。この制度では、公害紛争処理法に基づき公害審査会を設置し、同審査会では公害問題に詳しい弁護士、医師等が、あっせん、調停、仲裁などの方法により紛争の解決にあたります。
問い合わせ先 ●各市町村公害担当課
各福祉保健所(保健所)
●県環境保全課 TEL:098-866-2236 FAX:098-866-2240
●県環境政策課 TEL:098-866-2183 FAX:098-866-2308

 

産業廃棄物の処理について

 産業廃棄物を保管、収集、運搬、処分するときは、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)の規定により、排出事業自らの責任において、産業廃棄物の種類ごとにそれぞれの基準に従って適正に行わなければなりません。
 産業廃棄物の処理を他人に委託する場合には、県知事の許可を取得した産業廃棄物処理業者に委託しなければなりません。
 産業廃棄物の処理の委託にあたっては、次の手順で行ってください。

  1. 許可証の確認
    (収集・運搬業、処分業の区別、取り扱える産業廃棄物の種類、許可条件、許可期限等)
  2. 処理業者の能力確認
  3. 委託契約の締結(収集・運搬業、処分業者、2者との締結が必要です)
  4. マニフェスト(産業廃棄物管理票)の交付
  5. マニフェストによる産業廃棄物処理結果の確認

 その他、産業廃棄物に関することは、各福祉保健所(保健所)又は環境整備課へお問い合わせください。

問い合わせ先 北部福祉保健所(北部保健所)生活環境班 TEL:0980-52-2636
中部福祉保健所(中部保健所)環境保全班 TEL:098-938-9787
南部福祉保健所(南部保健所)環境保全班 TEL:098-889-6799
宮古福祉保健所(宮古保健所)生活環境班 TEL:0980-72-3501
八重山福祉保健所(八重山保健所)生活環境班 TEL:0980-82-3243
●県環境整備課 TEL:098-866-2231 FAX:098-866-2235

 

廃棄物の不法投棄を見つけたときは

 廃棄物をみだりに捨てる行為は、廃棄物処理法において禁じられており、違反者には厳しい罰則があります。
 県では、廃棄物の不法投棄をなくすために定期的なパトロールを実施しています。不法投棄の現場を見つけた時は、最寄りの福祉保健所あるいは県環境整備課までご連絡ください。

問い合わせ先 北部福祉保健所(北部保健所)生活環境班 TEL:0980-52-2636
中部福祉保健所(中部保健所)環境保全班 TEL:098-938-9787
南部福祉保健所(南部保健所)環境保全班 TEL:098-889-6799
宮古福祉保健所(宮古保健所)生活環境班 TEL:0980-72-3501
八重山福祉保健所(八重山保健所)生活環境班 TEL:0980-82-3243
●県環境整備課 TEL:098-866-2231 FAX:098-866-2235
●各市町村廃棄物担当課

 

飲料水貯水タンク(簡易専用水道)の管理について

 受水槽の有効容量が10 立方メートルを超えるものを水道法では「簡易専用水道」といい、施設の設備及び変更等に際しては各福祉保健所(保健所)へ届け出る他、少なくとも年1回は、施設の掃除を行い検査を受けることを義務づけています。

問い合わせ先 各福祉保健所(保健所)及び那覇市保健所
●各市町村水道事業担当課
●県生活衛生課 TEL:098-866-2055 FAX:098-866-2723
●(一財)沖縄県環境科学センター TEL:098-875-1941
●(株)沖縄環境保全研究所 TEL:098-934-7020

 

浄化センターを見学するには

 浄化センターは、きれいな海や川、快適な住環境を確保する為に1年中休みなく家庭などで使われた汚れた水を浄化しています。普段目に見えない使った水の行く末を見学し、日常生活を支えている下水道への理解を深めていただきたいと思います。
 見学のお申し込み、お問い合わせは直接下記浄化センターへお気軽にどうぞ。

問い合わせ先 ●那覇浄化センター(みずクリン那覇)
  所在地:〒900-0036 那覇市西3-10-1
  TEL:098-868-3310 FAX:098-860-2725
●宜野湾浄化センター(みずクリン宜野湾)
  所在地:〒901-2221 宜野湾市伊佐3-12-1
  TEL:098-899-2801 FAX:098-870-2267
●具志川浄化センター(みずクリン具志川)
  所在地:〒904-2234 うるま市州崎1
  TEL:098-938-8630 FAX:098-982-1310
●西原浄化センター(みずクリン西原)
  所在地:〒903-0103 西原町小那覇875-10
  TEL:098-871-9807 FAX:098-871-9808

 

下水道についての疑問、質問及び相談は

 家庭などから出る汚れた水をきれいにする下水道を利用することは、沖縄の美しい海や河川に汚水を流さないので水質保全につながります。
 下水道の接続についての質問、相談はお住まいの各市町村下水道担当課までお問い合わせ下さい。その他、下水道に関する質問等は県下水道課までお問い合わせ下さい。

問い合わせ先 下水道課 TEL:098-866-2248 FAX:098-866-2394
下水道管理事務所 TEL:098-898-5988 FAX:098-870-2268

 

浄化槽の維持管理について

 浄化槽は浄化槽法第10条に基づき、毎年保守点検及び清掃を受けること並びに同法第7条及び11条に基づき、使用開始後3〜8ヶ月の間に一回及び毎年一回放流水の水質に関する検査を受けることが義務づけられています。
 保守点検に関しては各福祉保健所(保健所)及び県環境整備課、清掃に関しては各市町村浄化槽担当課、及び水質検査に関しては公益社団法人沖縄県環境整備協会にお問い合わせください。

問い合わせ先 北部福祉保健所(北部保健所)生活環境班 TEL:0980-52-2636
中部福祉保健所(中部保健所)環境保全班 TEL:098-938-9787
南部福祉保健所(南部保健所)環境保全班 TEL:098-889-6799
宮古福祉保健所(宮古保健所)生活環境班 TEL:0980-72-3501
八重山福祉保健所(八重山保健所)生活環境班 TEL:0980-82-3243
●県環境整備課 TEL:098-866-2231 FAX:098-866-2235
●公益社団法人沖縄県環境整備協会 TEL:098-835-8833

 

環境問題に関する情報・資料を得るには

 県では、環境問題に関する情報・資料等を整備した「地域環境センター」を設置して、地域における環境保全活動を支援しています。地域環境センターにおいては、ビデオ・パネル等の貸し出しや図書の閲覧、セミナーや野外観察会などの普及啓発事業、関係団体や施設の紹介などを行っています。

問い合わせ先 ●県地域環境センター(沖縄こどもの国チルドレンズセンター内) TEL:098-933-4190 FAX:098-932-1634

 

地球温暖化に関する情報・資料を得るには

 県では、本県の温暖化防止活動の中心的な役割を担う機関として、(財)沖縄県公衆衛生協会を「沖縄県地球温暖化防止活動推進センター」に指定し、地域における温暖化防止活動を支援しています。同センターでは、地球温暖化の仕組みや影響、温暖化防止活動の必要性等についてパンフレット、イベント、教材の貸し出し、セミナーや研修会・講習会の開催を通して普及啓発活動を行っています。

問い合わせ先 沖縄県地球温暖化防止活動推進センター TEL:098-945-2686

 

こどもエコクラブに参加するには

 こどもエコクラブとは、幼児(3歳)から高校生までなら誰でも参加できる環境活動クラブで、ホタル観察やカヌー体験などの様々な環境活動に自由に取り組んでいます。
 2人以上の仲間(幼児〜高校生)を集めて、活動を支える大人を決め、こどもエコクラブ全国事務局へクラブの名称、メンバーなどを登録すると、メンバー手帳など活動に役立つスターターキットやJECニュース(活動プログラム、環境、全国のクラブ活動などの情報満載)がもらえます。

こどもエコクラブ
ホームページ
http://www.j-ecoclub.jp/
活動案内 http://www.pref.okinawa.jp/site/kankyo/seisaku/kikaku/12234.html
問い合わせ先 ●県地域環境センター(沖縄こどもの国チルドレンズセンター内) TEL:098-933-4190 FAX:098-932-1634

 

ケガなどをした犬や猫をみつけたときは

 道路や公園、広場などでケガなどをした犬や猫を見つけたときは、飼い主が不明なものについては、県動物愛護管理センター、宮古・八重山保健所までご連絡ください。飼い主がわかるものについては、すみやかに飼い主に連絡してください。

問い合わせ先 ●県動物愛護管理センター TEL:098-945-3043 FAX:098-945-0224
宮古福祉保健所(宮古保健所) TEL:0980-72-3501
八重山福祉保健所(八重山保健所) TEL:0980-82-3243
●県自然保護課 TEL:098-866-2243 FAX:098-866-2240

 

野犬等の取締りと飼えなくなった犬、猫の引取りについて

 県では、狂犬病予防法や市町村飼い犬条例に基づき、野犬等の捕獲を市町村と協力して行っています。
 やむをえず飼えなくなった犬や猫の引取りも行っていますので、動物愛護管理センター、宮古・八重山福祉保健所(八重山保健所)まで御相談ください。
 なお、平成21年10月1日から、犬や猫の引取りには、所定の手数料がかかります。金額等については下記お問い合せ先まで御相談ください。

問い合わせ先 ●県動物愛護管理センター TEL:098-945-3043 FAX:098-945-0224
宮古福祉保健所(宮古保健所) TEL:0980-72-3501
八重山福祉保健所(八重山保健所) TEL:0980-82-3243
●県自然保護課 TEL:098-866-2243 FAX:098-866-2240

 

犬の登録と狂犬病予防注射について

 犬を飼ったら、犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合は、生後90日を経過した日)から30日以内に登録することと、毎年1回の狂犬病予防注射が義務づけられています。
 詳しくは、所在地の市町村役場へお問い合わせください。


 

特定(危険)動物を飼うときは

 動物による人の生命、身体等への危害を防止するため、特定(危険)動物(ライオン、トラ、ゾウ、ハブ、ワニ、ニホンザル等)を飼育する場合は、県知事の許可を受けなければなりません。特定(危険)動物を飼うときは事前に動物愛護管理センター、宮古・八重山保健所の指導を受けてください。
 なお、許可を受けるための手続きにおいて、所定の手数料がかかります。金額等については下記問い合せ先まで御相談下さい。

問い合わせ先 ●県動物愛護管理センター TEL:098-945-3043 FAX:098-945-0224
宮古福祉保健所(宮古保健所) TEL:0980-72-3501 FAX:0980-72-8446
八重山福祉保健所(八重山保健所) TEL:0980-82-3243 FAX:0980-83-0474
●県自然保護課 TEL:098-866-2243 FAX:098-866-2240

 

ペットショップ等動物取扱業を始めるには

 動物取扱業(動物の販売、保管、貸出し、訓練、展示等)を営もうとする方は、事前に県知事の登録を受けなければなりません。
 また、動物を飼養する施設や動物を取扱う場合に守らなければならない基準等がありますので、動物愛護管理センター、宮古・八重山福祉保健所の指導を受けてください。
 なお、登録を受けるための手続きにおいて、所定の手数料がかかります。 金額等については下記問い合せ先まで御相談下さい。

問い合わせ先 ●県動物愛護管理センター TEL:098-945-3043 FAX:098-945-0224
宮古福祉保健所(宮古保健所) TEL:0980-72-3501 FAX:0980-72-8446
八重山福祉保健所(八重山保健所) TEL:0980-82-3243 FAX:0980-83-0474
●県自然保護課 TEL:098-866-2243 FAX:098-866-2240

 

化製場等について

 「化製場」とは、獣畜の肉、皮、骨、臓器等を原料として皮革、油脂、にかわ、肥料、飼料、その他の物を製造するために設けられた施設をいいます。
 「死亡獣畜取扱場」とは、死亡獣畜を解体し、埋却し、焼却するために設けられた施設、又は区域です。「化製場」、「死亡獣畜取扱場」の設置に関しては「化製場等に関する法律」に基づき県知事の許可を受けなければなりません。獣畜とは、牛、馬、豚、めん羊及び山羊のことをいいます。

問い合わせ先 各福祉保健所(保健所)
●県生活衛生課 TEL:098-866-2055 FAX:098-866-2723

 

と畜場について

 と畜場で食肉処理される獣畜は、すべてとちく検査を受けており、安全で安心な食肉として提供されています。獣畜とは、牛、馬、豚、めん羊及び山羊のことをいいます。
 とちく検査は、北部食肉衛生検査所、中央食肉衛生検査所、南部保健所、宮古福祉保健所(宮古保健所)、八重山福祉保健所(八重山保健所)に所属しているとちく検査員(獣医師)が行っています。

問い合わせ先 南部福祉保健所(南部保健所)宮古福祉保健所(宮古保健所)八重山福祉保健所(八重山保健所)
中央食肉衛生検査所 TEL:098-945-3000 FAX:098-946-2690
●北部食肉衛生検査所 TEL:0980-52-1165 FAX:0980-52-3791
●県生活衛生課 TEL:098-866-2055 FAX:098-866-2723

 

食鳥処理の事業許可について

 「食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律」により、食鳥をとさつし、及びその羽毛を除去すること、食鳥の内臓を摘出することを営業しようとする場合は、県知事の「食鳥処理の事業の許可」を受けなければなりません。食鳥とは、鶏、あひる、七面鳥その他一般に食用に供する家きんのことをいいます。

問い合わせ先 南部福祉保健所(南部保健所)宮古福祉保健所(宮古保健所)八重山福祉保健所(八重山保健所)
中央食肉衛生検査所 TEL:098-945-3000 FAX:098-946-2690
●北部食肉衛生検査所 TEL:0980-52-1165 FAX:0980-52-3791
●県生活衛生課 TEL:098-866-2055 FAX:098-866-2723

 

食品、飲料水等を検査してもらいたいときは

 食品、飲料水等の安全性、検査等について、何らかの問題や疑問があった場合には、最寄りの保健所にご相談ください。なお、営業者の「製品検査」は行っていません。

問い合わせ先 各福祉保健所(保健所)及び那覇市保健所
●県生活衛生課 TEL:098-866-2055 FAX:098-866-2723

 

店で買った食品が腐敗しているなどの不良品の届出は

   購入した食品の中で、不良品と思われるものがありましたら、購入日、購入時間、店名、場所の略図、購入後の製品の保管状況等をメモし、現物を持参のうえ、最寄りの保健所でご相談ください。

問い合わせ先 各福祉保健所(保健所)及び那覇市保健所
●県生活衛生課 TEL:098-866-2055 FAX:098-866-2723

 

メジロの飼養について

 平成25年度から、メジロの捕獲は許可しないこととなりました。
 現在、飼養登録を行ってメジロを飼養している方については、引き続き当該メジロを飼養できますので、毎年飼養登録の更新を行ってください。飼養登録をしたメジロは目印に足環がついています。譲り受けを行う場合には、届け出が必要です。

問い合わせ先 ●県自然保護課 TEL:098-866-2243 FAX:098-866-2240
●各市町村環境行政担当課

 

鳥獣保護区とは

 野生鳥獣の保護繁殖を図るため、県では鳥獣保護区を設定しています。また、特に重要な地域は特別保護地区に指定しています。そこでは野生鳥獣の捕獲禁止の他、一定の行為(水面の埋立、干拓、立木竹の伐採、工作物の設置等)が制限されます。

問い合わせ先 ●県自然保護課 TEL:098-866-2243 FAX:098-866-2240

 

野生の鳥や獣を捕獲・飼育するときは

 野生の鳥や獣の捕獲・飼育は「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」により禁止されています。しかし、例外として学術研究や有害鳥獣駆除などの場合は県知事の許可をもらえば捕獲・飼育することができます。

問い合わせ先 ●県自然保護課 TEL:098-866-2243 FAX:098-866-2240
南部林業事務所 TEL:098-941-2583 FAX:098-941-2953
北部農林水産振興センター TEL:0980-52-2832 FAX:0980-52-2833
宮古農林水産振興センター TEL:0980-72-2365 FAX:0980-73-2314
八重山農林水産振興センター TEL:0980-82-2342 FAX:0980-83-3542

 

狩猟を行うには

 沖縄県の狩猟期間は、毎年11月15日から翌年の2月15日までとなっています。狩猟を行うには、狩猟者は県知事に狩猟登録を行わなければなりません。
 狩猟登録を行うには狩猟免許が必要です。県では例年9月頃に狩猟免許試験を行っています。
 なお、試験を受ける方のために、例年7〜8月頃、(一社)沖縄県猟友会が講習会を実施しています。

問い合わせ先 ●県自然保護課 TEL:098-866-2243 FAX:098-866-2240
南部林業事務所 TEL:098-941-2583 FAX:098-941-2953
北部農林水産振興センター TEL:0980-52-2832 FAX:0980-52-2833
宮古農林水産振興センター TEL:0980-72-2365 FAX:0980-73-2314
八重山農林水産振興センター TEL:0980-82-2342 FAX:0980-83-3542

 

傷ついた野生の鳥や獣を見つけたときは

 県では、傷ついた野生の鳥獣を救護するため、無料で初期治療を行う動物病院を野生動物ドクターとして認定しております。また傷病鳥獣の飼養を行う個人や団体等を保護飼養ボランティアとして募集しています。
 傷ついて動けない野生の鳥獣を保護したときは、発見者に近くの野生動物ドクターまで運んでもらっています。御協力お願いします。
 なお、巣から落ちたヒナは、親鳥が世話しますので、そのままにするか近くの木にとまらせるなどして拾わないようにしましょう。

 野生動物救護獣医師(野生動物ドクター) (平成25年4月1日現在)

 *負傷した鳥獣を保護したら、まず近くの野生動物ドクターに電話で受診可能か問い合わせてください。
 *近隣に野生動物ドクターの動物病院がない場合は、救護施設へお問い合わせください。

No
獣医師名
動物病院名
住所
TEL
休診日
1 崎浜 美香子 動物病院 そらの救急箱 905-0215 本部町字野原
604−1
0980-51-6633 日・祝日・木午後
2 比嘉 真季 はるか動物病院 905-0415 今帰仁村玉城
819−1
0980-56-1535 日・祝日
3 大城 菅雄 ヤンバル動物診療所 905-0019 名護市字大北
1−9−17
0980-53-1536 日・祝日
4 金城 安信 金城動物病院 905-0014 名護市港
2−10−7
0980-53-4143 日曜
5 岩坂 俊基 いわさかペットクリニック 904-0416 恩納村山田77 098-979-7787 水・木午前・祝日
6 山下 ちさ COCO動物病院 904-0301 読谷村字座喜味88 098-958-3311 日・水午後・祝日午前
7 長嶺 隆 ながみねどうぶつクリニック 904-2235 うるま市前原
308−4
098-979-0001 土・日・祝日・
火 午後
8 池原 秀壱 ペットメディカルセンター・エイル 904-2173 沖縄市比屋根
2−2−1
098-930-2222  
9 池原 一仁 フレンズ動物病院 904-0117 北谷町北前
1−11−12
098-926-2033 日・祝日
10 仲本 隆 仲本動物病院 901-2204 宜野湾市上原
2−15−2
098-892-8648 日・祝日
11 金城 英企 宮里獣医科病院 901-2412 宜野湾市志真志
4−32−14
098-897-0271 木・祝日
12 川満 武聡 蘭動物病院 901-2127 浦添市屋富祖
1−4−3−106
098-878-1073
13 古堅 雄彦 西武動物病院 900-0037 那覇市辻
2−1−10
098-863-2088 日・祝日
14 高良 忠清 那覇獣医科病院 901-0152 那覇市小禄42 098-857-1008 木曜
15 仲田 安雄 しきなペットクリニック 902-0078 那覇市識名
2−10−5
098-836-3011 月曜
16 永井 良夫 ながいペットクリニック 901-0241 豊見城市豊見城
469−3
098-856-4970 日・祝日
17 大石 真寿 宮城動物病院 901-0305 糸満市西崎町
2−3−17
098-992-5888 祝日
18 土城 勝彦 たまよせ動物病院 907-0004 石垣市登野城
644 1F東
0980-82-4470 木曜
19 平田 勝男 平田家畜病院 907-0004 石垣市登野城
732−1
0980-82-0678 日・祝日
20 赤嶺 学 赤嶺獣医科医院 906-0012 宮古島市平良西里
1090−13
0980-72-7976 日・祝日

救護施設
大宜味村喜如嘉 : 日本野鳥の会やんばる支部(新田宗仁) пF0980-44-5504(久高将和)
うるま市 : NPO法人 どうぶつたちの病院 пF098-972-6545
南城市大里 : 県動物愛護管理センター 098-945-3043(下記の救護対象傷病野生鳥獣の(4)に限る)
宮古島市 : 宮古野鳥の会(仲地邦博)
石垣市 : カンムリワシリサーチ(佐野清貴) пF0980-89-2454

救護対象傷病野生鳥獣
 県内に生息する在来の鳥獣及び渡り鳥で、傷病等により自力で生息できない状態で発見されたものとする。ただし、原則として次の各号に掲げるものを除くものとする。

 (1)所有者のある鳥獣
 (2)のら犬、のら猫、ネズミ(ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミ、ジャコウネズミ)
 (3)海棲哺乳類
 (4)外来鳥獣:ドバト、インコ類、タイワンシロガシラなど

問い合わせ先 ●県自然保護課 TEL:098-866-2243 FAX:098-866-2240

 

環境影響評価(環境アセスメント)について

 緑豊かな自然、きれいな空気や水、騒音のない静かな環境といった、豊かな環境を将来に引き継いでいくことは、私たちに課せられた重要な義務です。
 人が豊かな暮らしをするためには、交通の便をよくするために道路や空港を造ること、水を利用するためにダムを造ること、生活に必要な電気を得るために発電所を造ることはいずれも必要なことですが、いくら必要な開発事業であっても、その整備によって環境に悪影響を与えていいはずはありません。
 このような開発事業による環境への悪影響を防止するためには、事業の内容を決めるに当たって、事業により得られる利益や事業の採算性だけではなく、環境の保全についてもあらかじめ考えることが重要となります。
 このような考え方から生まれたのが、環境影響評価(環境アセスメント)制度です。環境影響評価とは、開発事業の内容を決めるに当たって、それが環境にどのような影響を及ぼすかについて事業者自らが、調査、予測、評価を行い、その結果を一般に公表して県民、市町村、県などから意見を聴き、それらを踏まえて環境の保全の観点からよりよい事業計画を作り上げていこうという制度です。

問い合わせ先 ●県環境政策課 TEL:098-866-2183 FAX:098-866-2308

 

自然公園について

 自然公園法及び沖縄県立自然公園条例に基づき、優れた自然の風景地を保護するとともに、その利用の増進を図り、国民の保健、休養及び教化に資することを目的に、自然公園区域が指定されており、県内では次の7つの自然公園があります。自然公園内では一定の行為(工作物の新築、土地の形状変更、木竹の伐採等)をするときは、国立公園については環境大臣、国定公園及び県立自然公園については県知事の許可が必要となる場合があります。
 国立公園:西表石垣国立公園
 国定公園:沖縄海岸国定公園、沖縄戦跡国定公園
 県立自然公園:久米島県立自然公園、伊良部県立自然公園、渡名喜県立自然公園、多良間県立自然公園

問い合わせ先 ●国立公園:環境省那覇自然環境事務所 TEL:098-858-5824 FAX:098-858-5825
●国定公園、県立自然公園:県自然保護課 TEL:098-866-2243 FAX:098-866-2240

 

建築物清掃業者等の登録を受けるには

 建築物における衛生的環境の確保に関する法律においては、建築物内の衛生環境の向上を目的に、法に規定する基準に適合している業者の登録制度を定めています。
 登録業種は次の8業種が規定されており、登録を希望する業者は、営業所の所在地を所管する保健所に申請書を提出し登録を行います。

  1. 建築物清掃業
  2. 建築物空気環境測定業
  3. 建築物空気調和用ダクト清掃業
  4. 建築物飲料水水質検査業
  5. 建築物飲料水貯水槽清掃業
  6. 建築物配水管清掃業
  7. 建築物ねずみ昆虫等防除業
  8. 建築物環境衛生総合管理業
問い合わせ先 各福祉保健所(保健所)
●県生活衛生課 TEL:098-866-2055 FAX:098-866-2723