• 文字サイズ・色合いの変更

ホーム > フォト・ニュース > 平成29年(2017年)3月 > 「沖縄県史 各論編6 沖縄戦」刊行記者発表

ここから本文です。

更新日:2017年4月12日

「沖縄県史 各論編6 沖縄戦」刊行記者発表

okinawakenshi1

写真右より:平敷昭人教育長、吉浜忍(沖縄国際大学教授、新沖縄県史編集専門部会〔沖縄戦〕部会長)、萩尾俊章文化財課課長

日付

2017年03月29日

「沖縄県史各論編6沖縄戦」刊行の教育長記者発表を行いました。
本書は、沖縄県史各論編としては考古、近世、古琉球、近代、自然環境、女性史に次ぐ7冊目となります。

1971年から1974年にかけて、初めて住民の証言を中心に据えて沖縄戦の体験を明らかにした「沖縄縣史第八巻沖縄戦通史」「同第九巻沖縄戦記録1」「同第十巻沖縄戦記録2」が発刊されました。本書は、それ以後の市町村史の成果や、沖縄戦研究の蓄積をふまえた、現時点での最新の成果を体系的にまとめたものとなっております。

本書の特色として、これまでの沖縄戦研究の成果を網羅し、かつ住民の視点に立ったものであること、また若手研究者に執筆してもらうことで沖縄戦研究を次世代につなぐものであること等があげられます。また、これまであまり取り上げられてこなかった「障がい者」「戦争トラウマ」「ハンセン病」「不発弾」などの分野にも光をあてており、37人の執筆者による72編の論文によって、沖縄戦研究に新たな視点を開く内容となっております。

本書の刊行が、今後さらなる沖縄戦研究の進展に寄与し、次世代へ沖縄戦の体験を継承していく一助となるよう願っております。

okinawakenshi2

「沖縄県史各論編6沖縄戦」

お問い合わせ

沖縄県教育庁文化財課

〒900-8571 那覇市泉崎1-2-2 行政棟13階(北側)

電話番号:098-866-2731

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?