ここから本文です。

更新日:2016年5月13日

青少年の家の充実と利用促進

趣旨

青少年の家では、学校や家庭では得難い集団宿泊訓練や自然体験活動等を経験することにより、自主性や社会性、協調性を高め、心身共に健全な青少年の育成を図り、社会教育の振興に資することを目的としている。

学校週5日制の実施に伴って、各種体験活動の機会の拡充と内容の充実が求められ、「生きる力」の育成に向けて、青少年教育施設の果たす役割は大きいものとなる。県民のニーズに的確に応え、青少年の体験活動等を推進するため、青少年教育施設の充実と利用促進に努める。

概要

  1. 創意工夫を生かした施設・設備の運営。
  2. 学校週5日制に対応した事業の実施。(完全学校週5日制対応事業)
  3. 学校、家庭、地域社会と連携した自然体験活動、生活体験活動事業等の実施。
  4. 学校・市町村教育委員会・社会教育関係団体等と連携した事業の実施。

努力点

  1. 安全で快適な施設・設備の充実を図る。
  2. 各種体験活動の機会の拡充と内容の充実に努め、年間を通した利用の促進を図る。
  3. 主催事業や受け入れ事業等における創意工夫を生かした取組を推進する。
  4. 総合的な学習の時間に対応したプログラムを検討する。
  5. 学校や家庭、地域社会、社会教育関係団体等との連携に努める。

実施計画

県内6か所(名護・石川・糸満・玉城・宮古・石垣)の青少年教育施設において、独自のプログラムによる事業を実施する。

お問い合わせ

沖縄県教育庁生涯学習振興課(代表)

〒900-8571 那覇市泉崎1-2-2 行政棟13階(北側)

電話番号:098-866-2746

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?