• 文字サイズ・色合いの変更

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

青少年健全育成の日

 「青少年健全育成の日」(毎月第3金・土・日曜日)

沖縄県教育委員会では、平成22年4月から毎月の第3金・土・日曜日「青少年健全育成の日」として推進しています。
この日は、家庭・学校・地域・行政・企業等が一体となって、青少年の非行防止活動や青少年育成活動の推進を図るために、毎月の「少年を守る日」・「おきなわ地域教育の日」・「家庭の日」の3日間を青少年の健全育成を考える日として連動させ、県内の各地域や各種団体等が自主的・主体的に年間を通して持続発展可能な取組が促進できるようにと設定されました。

県民総ぐるみで「地域の子は地域で守り育てる」という気運の醸成を図りつつ、子どもたちが非行や犯罪等の加害者・被害者になることを防止し、青少年の健全育成に資することを目的としています。

青少年健全育成の日

ページ最上部へ戻る

「少年を守る日」(毎月第3金曜日)

社会共同体としての連帯意識を喚起し、県民総ぐるみで青少年を有害環境や非行等から守るための活動を強力に推進することを目的として沖縄県青少年育成県民会議の提唱のもと、毎月第三金曜日を「少年を守る日」と指定し、各地域において夜間街頭指導やパトロールなどの活動を展開している。

取り組み内容

  • 1) 青少年を有害環境から守るため、社会環境の浄化運動を推進する。
  • 2) 青少年を非行や事件・事故から守るために、特に夜間外出防止運動を推進する。

ページ最上部へ戻る

「おきなわ地域教育の日」(毎月第3土曜日)

沖縄県社会教育関係団体等連絡会により、地域が主体となり「地域の子は地域で守り育てる」気運の醸成を図るため平成22年4月より「おきなわ地域教育の日」を設定している。市町村や各地域の関係機関や社会教育関係団体等がこの日を活用して子ども達との信頼関係を築きながら地域の居場所づくりや地域の教育力向上を目指し、青少年の健全育成に寄与する取り組みを推奨している。

取り組み内容(活動例)

  • 1) これまでの活動を子どもたちとともに活性化させる
    • 「おきなわ地域教育の日」を活用し、子ども会・青年会等の参加者を増やし、これまで以上に活動を活性化させよう。
    • これまでの婦人会、老人会等の活動を、子どもたちも盛り込んだ活動にしよう。
    • 公民館・自治会等の行事等で、「おきなわ地域教育の日」を活用して、子どもたちをより多く参加させよう。
  • 2) 大人と子どものふれあいの場をつくる(CGG運動など)
    • 子どもと一緒に、昔遊び、読み聞かせ、スポーツなどのレクリエーションをすることで、和やかな雰囲気をつくり、みんなで楽しもう。
    • 子どもと一緒に、地域の清掃活動などの作業をすることで、地域の一員だという気持ちを育てよう。
    • 子どもの声に耳を傾け、興味・関心のある活動や遊びに大人もつき合おう。
  • 3) 声かけ運動とともに、安全・安心な地域づくりを目指す
    • 地域の結びつきや対話を、朝夕のあいさつから始めよう。
    • 子ども(気にかかる子どもを含む)に「愛の一声」をかけ、地域の大人に守られているという安心感をもたせよう。
  • 4) 子どもたちが主役となるような心の居場所をつくる
    • エイサーやダンス、演奏等の発表の場を地域でつくり、周りから認められることによって子どもの自尊心を育てよう。
    • ハイキングやキャンプなどの体験活動をとおして、子どもが主体的に活動できる場をつくり、達成感を味わせよう。
  • 5) 子どもたちに基本的生活習慣を身につけさせる
    • 非行は不規則な生活から始まります。「食べて・動いて・よく寝よう!」や「子どもは9時までに寝かせましょう」、「Go家(ゴーヤー)運動」などに取り組もう。
    • 大人もシンデレラタイムを守り、子どもの手本となろう。
    • 夏休みには、朝のラジオ体操などを地域で行い、規則正しい生活リズムを身につけさせよう。

推進主体:沖縄県社会教育関係団体等連絡会

(社)沖縄県PTA連合会、沖縄県高等学校PTA連合会、(社)沖縄県子ども会育成連絡協議会、(財)日本ボーイスカウト沖縄県連盟、(社)ガールスカウト日本連盟沖縄県支部、沖縄県公民館連絡協議会、沖縄県青年団協議会、沖縄県婦人連合会、(財)沖縄県老人クラブ連合会、沖縄県社会教育委員連絡協議会、沖縄県社会教育指導員連絡協議会、(社)沖縄県青少年育成県民会議、沖縄県ユネスコ協会

ページ最上部へ戻る

「家庭の日」(毎月第3日曜日)

昭和41年に青少年育成国民会議が設立されたのを契機に各都道府県にも青少年育成都道府県民会議設立の気運が高まり、本県においては、沖縄県青少年育成県民会議が昭和43年1月13日に発足し、「家庭の日」も、発足と同時に県民運動として沖縄県・県教育委員会・沖縄県青少年育成県民会議の三者の提唱により、毎月第3日曜日を「家庭の日」として、全県下で運動を展開している。

取り組み内容

  • 1) 家族そろって、家族だんらんの時間をつくる
  • 2) 公的な行事などは避け、すべての県民がその家庭や地域にあって家族そろって楽しく過ごせるようにする
  • 3) 「家庭の日」に行事などを行う場合には、家族全体を対象に計画し、家族がそろって楽しむことができるようにする

お問い合わせ

沖縄県教育庁生涯学習振興課(代表)

〒900-8571 那覇市泉崎1-2-2 行政棟13階(北側)

電話番号:098-866-2746

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?