ホーム > 教職員採用等 > その他の教職員の選考試験等 > 沖縄県公立学校・学校栄養職員候補者選考試験 > 平成30年度実施学校栄養職員候補者選考試験よくある問い合わせ

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

平成30年度実施沖縄県公立学校・学校栄養職員候補者選考試験

よくある問い合わせ

お知らせ

平成30年度実施学校栄養職員選考試験に関するよくある質問について掲載します。不明な点は試験実施要項で確認するか、学校人事課まで問い合わせてください。問い合わせる際には、このページの下部にある「お問い合わせフォーム」を活用してください。なお、いただいた質問をもとに本稿を加筆することがあります。

学校栄養職員候補者選考試験について

  1. 受験資格に関すること
  2. 出願手続・試験制度に関すること
  3. 試験当日に関すること
  4. 過去問題・合格発表・得点等開示に関すること
  5. 試験合格後~採用に関すること

1.受験資格に関すること

Q.受験に必要な資格などはありますか。

A.次の3つの要件をすべて満たしている方ならどなたでも受験することができます。

  • 地方公務員法第16条及び学校教育法第9条の欠格条項に該当しないこと。
  • 受験する翌年の4月1日現在の年齢が28歳以下であること。
  • 栄養士免許証を取得している、又は翌年3月末までに取得する見込みがあること。

Q.年齢制限はありますか。

A.受験する翌年4月1日時点の年齢が28歳以下の方が受験できます。

2.出願手続・試験制度に関すること

Q.要項や願書は、いつ、どこで手に入りますか。

A.学校栄養職員選考試験では、次の2つの方法で入手可能です。教育庁、教育事務所、沖縄県県外事務所での配布は行いません。

【インターネット上で入手する方法】
インターネット上の沖縄県教育委員会のページからダウンロードして入手します。

【郵送で入手する方法】
角型2号(縦33.2cm×横24cm。A4サイズ)の封筒の表に、返送先の住所、氏名(敬称として「様」を付けること)を記入し、205円切手を貼り付けたものを、次のあて先まで送ってください。こちらに到達してから1~2日(土日除く)で返送します。返送用の封筒は折りたたんで構いません。速達での返送を希望する場合、返送用の封筒に速達料金280円分の切手を追加で貼り付け、上端に「速達」と朱書きしてください。
あて先:〒900-8571沖縄県那覇市泉崎1-2-2教育庁学校人事課
あて先のほかに「学校栄養職員願書請求」と朱書きしてください。

いずれの方法でも、実施要項は3月から、願書は4月26日からダウンロード(入手)可能です。なお、インターネット上で願書の記載事項を入力する場合、4月20日から入力・印刷が可能です。

Q.沖縄県では栄養教諭の試験は実施していないのですか?

A.本県では、現在のところ、栄養教諭については学校栄養職員からの任用替えの試験のみ実施しています。学校栄養職員として採用後、3年以上の勤務経験が任用替試験の受験資格となります。

Q.電子申請は、インターネット上のみで受験申し込みは完了するのですか?

A.電子申請により作成した受験願書等を教育庁学校人事課まで送付する必要があります。電子申請した後、設定された期限内に書類を送付しないと受験資格はありませんので、お気をつけください。

Q.出願書類の提出は持参でもいいですか?

A.学校栄養職員選考試験の出願書類の提出は郵送のみでお願いします。なお、郵送する際には、特定記録または簡易書留での郵送手続きをし、インターネット上で追跡記録が確認できるようにしてください。

Q.電子申請で作成した書類でミスがあった場合はどうしたらいいですか?

A.書類の送付前であれば、再度電子申請をやり直ししてプリントアウトしても大丈夫です。電子申請で作成した書類を送付する際に、写真票に整理番号を記入することになっていますが、その番号を訂正した書類の番号にする点にご注意ください。あるいは、軽微な訂正であれば赤ペンで二重線を引いて手書きで直していただいても結構です。

Q.願書にメールアドレスを登録することになっているが、フリーメールでもいいのでしょうか?

A.フリーメールでも構いませんが、提出された書類に不備があった際の連絡や台風時の試験日程の変更等、こちらから登録されたアドレスへ情報発信する場合がありますので、登録したメールアドレスはこまめにチェックするようにしてください。

Q.出願後、受験票や合格通知の送付先が変更になった場合はどうしたらいいですか。

A.引っ越しによる場合は、郵便局に転居届を出して、転送されるようにすれば特段連絡は不要です。それ以外の理由でどうしても別の住所への送付が必要になる場合には、電話で沖縄県教育庁学校人事課に連絡した上で、郵便で届け出てください。詳細は電話で確認してください。

3.試験当日に関すること

Q.試験当日の服装は、どうしたらいいですか?

A.試験室によって空調の効き方に差があります。当日は、暑い場合、寒い場合に備えて、体温の調節がしやすい服装で受験してください。スーツである必要はありませんが、常識の範囲内で清潔感のある服装が望ましいです。かりゆしウェアやクールビズの着用も構いません。試験中に暑い場合・寒い場合は上着を着脱するなどして調節してください。ただし、試験中にかばんから衣服を取り出すことはできませんので、上着やストールはあらかじめ着ておくか、いすの背に掛けるなどして準備してください。

Q.試験当日は昼食時間もあるのですか?

A.第一次試験は午後12時ごろに終了しますので昼食時間はありません。専門試験と教養試験の間の休憩時間(30分)に水分や軽食を取ることは可能ですので、必要なら持参してください。また、出たゴミは必ず持ち帰ってください。第二次試験については、午前中に適性検査・論文試験を実施し、昼食時間を挟んで午後に個人面接を実施します。

4.過去問題・合格発表・得点等開示に関すること

Q.過去問題の閲覧はできますか?

A.過去2カ年分の第1次試験、第2次試験で課された試験問題及び解答については、下記の場所で閲覧することができるほか、実費でコピーをとることができます。

  • 沖縄県行政情報センター(沖縄県庁2階電話:098-866-2139)
  • 宮古行政情報コーナー(沖縄県宮古事務所1階電話:0980-72-2551)
  • 八重山行政情報コーナー(沖縄県八重山事務所1階電話:0980-82-3040)

また、沖縄県情報公開条例に基づき、公文書開示請求により写しの送付を求めることができます。この場合、写しに係る費用の実費と郵送料が必要です。郵送でのやりとりのため写しの送付まで3週間~1ヶ月ほど時間がかかりますので、上記の場所にご来庁できる方はご来庁により写しを入手していただくようお願いいたします。                                    詳細は沖縄県行政情報センターに問い合わせてください。
※沖縄県のホームページ(「TOP」>「県政情報」>「情報公開」>「行政情報センター」;
 http://www.pref.okinawa.jp/site/somu/somushi/johocenter/gyoseijyohocenter.html

Q.合格発表はどのように行われますか。

A.合格発表は、要項に記された期日までに、次の3つの方法で同時期に行います。

  • 沖縄県庁行政掲示板(沖縄県庁舎外)への合格番号の掲示
  • インターネットの、試験に関するページへの合格発表の公開
  • 合格者に対する合格通知の郵送

Q.自分の得点・順位を知ることはできますか。

A.願書提出時に得点・順位通知を希望し、返信用封筒を同封した方には、各科目の得点、総合点及び総合順位を記入した通知を、合格発表後に送付します。
第2次試験・第3次試験も、試験当日に返信用封筒を持参した方には同様に通知します。

5.試験合格後~採用に関すること

Q.職員住宅はありますか。

A.本島北部や離島などでは、県立学校については県の教職員住宅、市町村立学校については市町村の教職員住宅に入居できる場合がありますが、希望者数の状況などにより、必ずしも入居できるわけではありません。配属決定後、赴任先の学校に確認するようにしてください。

 

お問い合わせ

沖縄県教育庁学校人事課(代表)

〒900-8571 那覇市泉崎1-2-2 行政棟13階(北側)

電話番号:098-866-2730

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?